ヨガの準備

実際にヨガを始めるときには何を準備すればいいのでしょうか?

ヨガに通う前に特別な道具の準備や専用のウェアというものはありません。
服装は、下着も含めて身体を締め付けないものを着用し、大きめのバスタオルとハンドタオルくらいあれば準備は完了です。
ヨガのレッスンは大抵裸足で行っていますから、特別にシューズ等用意する必要もありません。

では、ヨガのレッスンを受ける時の基本的なルールです。
ルールと言っても簡単なことばかりですから、身構えなくて結構です。
 ■ レッスン前の食事は控える。
 :満腹の状態でヨガを行うと、気分が悪くなることがあります。
 ■ 私語は控える、飲食は禁止、携帯はOFF
 :ヨガは集中力を必要としますので、静かなところで行います。
 ■ 入浴の直後は避ける
 :気分が悪くなる場合もあります。
 ■ ポーズに入る前には準備運動を
 :怪我や故障の原因になります。必ず準備運動を。
 ■ ヨガの途中で体調が悪くなったら、すぐに中止する
 :身体の健康のためにヨガを行いますので、ヨガで身体をこわさないで下さい。

ヨガは、自分の呼吸のペースですることが大切ですから、他人のペースに合わせたりはしません。
リラックス状態をつくるために音楽を利用したりもすることはあるようですが、音楽や号令に合わせたりも、あまりよくありません。

また、ヨガによって現れる効果は易しい行法を繰り返し行うことによって身体全体のバランスがとれてくるものなので、効果を性急に期待することないように。

ここまでのことが、理解できれば準備はほとんどOKでしょう。
最後に一番大切な「心構え」です。

ヨガを通して身体を磨くだけでなく、ヨガの本質は内面を磨くことにあります。
取り返しのつかないかこのことを、くよくよと思い悩むことはやめて、すべては自分の成長に必要なことであったと感謝してうけとるようにし、いくら考えても結論の出ない未来のことを考えるのはやめて、現在しなければならないことに全力を尽くし、未来のことは自分の本性に委ねるように心がけます。

そうすることで、ヨガの本質がつかむことができれば幸いです。

News